取調べ可視化 最前線

取調中、警察官が暴行~千葉

 9月1日、佐倉署の取調室で、贈収賄事件について任意で取調中、取調の相手(男性公務員)の頭をこぶしで1回殴るなどして軽傷を負わせたとのこと。
取調担当警察官(巡査部長)は懲戒(減給10分の1、6ヶ月の処分)に付されたが、辞職した模様。

 取調において暴行をふるうなど言語道断のことであり、あってはならないこと。取調において暴行が容認されようはずがない。
 懲戒処分は軽いんじゃないでしょうか? 千葉県警は取調室での暴行を容認するのでしょうか?
 密室だからわからない、ということで、取調中の暴行を容認することはあってはならないでしょう。
 取調中の暴行を防止するというのであれば、取調べ全過程を録画録音し、その録画録音の内容をもとに監査室でも取調べのあり方についてチェックをする、これ以外に効果的な手段はないと思いますし、警察に対する信頼を確保する方法はないと思いますが、いかがですか?

 事件報道は↓こちらから

Sankei Web > 千葉 > 聴取中暴行 警官を書類送検(10/31 10:55)
聴取中暴行 警官を書類送検
 県警は30日、贈収賄事件に関連して任意で事情聴取した佐倉市の30代の男性公務員に暴行を加えた特別公務員暴行陵虐致傷の疑いで、県警捜査2課の巡査部長の男(44)を千葉地検に書類送検し、減給100分の10を6カ月の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。聴取に立ち会った県警環境犯罪課の男性警部補(45)を戒告処分とした。
 調べによると、巡査部長は9月1日、佐倉署の取調室で、男性公務員の頭をこぶしで1回殴るなどして軽傷を負わせた疑い。巡査部長は「(公務員が)あいまいでうその供述を繰り返したので諭すつもりでやった」と容疑を認めている。
 男性公務員は9月1日、佐倉署に「暴力をふるわれ、けがをした」と被害届を出していた。
 岡田英男首席監察官は「県民の信頼を損なう事案を発生させたことは誠に遺憾。今後は適法、妥当な捜査のあり方を改めて指示し、再発防止に努めたい」と謝罪した。 (10/31 10:55)

任意調べ中に暴行、巡査部長を書類送検…千葉県警 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
任意調べ中に暴行、巡査部長を書類送検…千葉県警
 千葉県警捜査2課の男性巡査部長(44)が、任意で事情を聞いていた男性に暴行した問題で、県警は30日、巡査部長を特別公務員暴行陵虐致傷の疑いで千葉地検に書類送検し、減給10分の1(6か月)の懲戒処分にした。
 巡査部長は同日付で依願退職した。
 県警監察官室によると、巡査部長は9月1日、県警佐倉署の取調室で、事情聴取していた同県佐倉市の30歳代の男性が座っていたイスをけったうえで頭を小突き、頭に1週間のけがを負わせた疑い。
 調べに対し、巡査部長は「あいまいな説明を繰り返す男性を諭そうとしてやった」と供述しているという。
 また、県警は事情聴取に同席していた県警環境犯罪課の男性警部補(45)を戒告、巡査部長の上司の警部(51)ら2人を本部長注意などの処分にした。
  県警の岡田英男・首席監察官は「適当、妥当な取り調べの在り方を指示、教養したい」とコメントを出した。(2006年10月30日22時16分  読売新聞)

Sankei Web > 社会 > 聴取中に暴行、巡査部長を書類送検 千葉県警(10/30 20:18)
聴取中に暴行、巡査部長を書類送検 千葉県警
 千葉県警は30日、贈収賄事件に関連して任意で事情聴取した同県佐倉市の30代の男性公務員を殴ったなどとして、特別公務員暴行陵虐致傷の疑いで、捜査二課の男性巡査部長(44)を書類送検した。
 県警は同日、巡査部長を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とし、巡査部長は辞職した。
 また、県警は調べに立ち会っていた環境犯罪課の警部補(45)を戒告としたほか、上司の警部(51)ら2人を本部長注意などの処分にした。
 県警によると、巡査部長は9月1日に佐倉署の取調室で、男性公務員が座っていたパイプいすを足げにし、頭をげんこつで1回殴り軽傷を負わせた疑い。巡査部長は「(男性が)虚偽の供述を繰り返すので、諭すつもりでやった」と容疑を認めているという。(10/30 20:18)