取調べ可視化 最前線

供述調書への署名指印の拒否などを勧めた弁護活動を「弁護過誤だよな」などと言って被疑者の面前で批判した検察官(副検事)ってどうよ

「検察官が弁護権侵害」として、担当弁護士が国賠請求/秦野市入札妨害事件 : ローカルニュース : ニュース : カナロコ — 神奈川新聞

 この手の弁護士批判は、被疑者の精神的支柱となっている弁護人弁護士との間の信頼関係を切り崩すための警察官の常套手段。取調べの全過程の可視化が喫緊の課題であるのは当然であるが、このような事件があると、検察庁での取調べの録画の試行なんぞ欺瞞だらけで、検察は偽善者じゃないかと疑心暗鬼に駆られる。