取調べ可視化 最前線

「裁判員制度で、録音・録画が任意性を判断する有力なツールになり得ることが証明された」

 DVD録画から「任意性に疑い」ありとして自白調書の証拠請求が却下されたことについてこのブログで取り上げたが、他の報道記事の中で、弁護人であるMr.可視化がインタビューに対しタイトルで記載したコメントを残した。

来る11月30日、大阪弁護士会館で近弁連大会が開催されるが、そのなかで、自白の任意性の争い方などを主なテーマとする分科会が予定されている。この中で、取調べ可視化との関連が取り上げられると思われるが、この事件の報告は何らかの形で触れられるだろう。

録画から「任意性に疑い」と調書却下、大阪の殺人未遂公判 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大阪地検が取り調べの様子をDVDに録画し、殺人未遂罪で起訴した大阪市西成区、無職蓮井一馬被告(88)の第4回公判が14日、大阪地裁であった。

蓮井被告は捜査段階で自白調書を作成されたが、公判では殺意を否認しており、西田真基裁判長は前回の法廷で上映されたDVDの録画内容から「取調官による誘導や誤導があった。任意性に疑いがある」として、検察側による自白調書の証拠請求を却下した。

裁判員制度を控え、検察当局は裁判員の負担を軽減し、自白の任意性を判断しやすいよう取り調べの録音・録画を試行。公判でのDVDの証拠採用は全国で4例あるが、調書の却下につながったのは初めて。

起訴状によると、蓮井被告は5月、自宅アパートで、共同トイレの修理を巡って住人男性とトラブルになり、果物ナイフで胸などを刺して約3週間のけがを負わせた。公判では、自白調書の任意性を判断するため、検察、弁護側双方がDVDを証拠請求した。

DVD には、自白調書の内容を確認する様子を約35分間にわたって録画した。検察官から「殺そうと思ったのは間違いないね」と聞かれ、蓮井被告が 「間違いないです」と認める一方で、「殺そうとは思わんけど」と殺意を否認したり、調書の内容について「わかったようなわからんような……」と言葉を濁し たりする場面も収められている。

西田裁判長は「殺意を否定しようとしたのを無視し、調書に沿う供述をするまで質問を続けた」と指摘。「高齢で聴力が著しく低下しているのに早口で次々に質問し、被告に不利な内容を押しつけていた疑いがある」などと批判した。

蓮井被告の弁護人で、「日本弁護士連合会取調べの可視化実現本部」副本部長の小坂井久弁護士は「裁判員制度で、録音・録画が任意性を判断する有力なツールになり得ることが証明された」としている。

(2007年11月15日3時8分 読売新聞)