取調べ可視化 最前線

取調べの可視化実現へ、各地での試み in 沖縄

 3月24日、沖縄弁護士会は、取調べの全過程を録画・録音する制度の立法化を訴え、チラシを配布した。今後は署名活動を行う予定とのこと。

沖縄タイムス: 取り調べの可視化訴え/沖縄弁護士会がチラシ配布

記事では次のような弁護士のコメントが掲載されている。

照屋兼一弁護士は「取調室は密室。暴行や脅迫、利益誘導など、『暗やみ』の中で何が行われているか分からない」と指摘。「欧米、アジアを問わず、第三者による取り調べ状況のチェックは世界的な流れになっている」と、速やかな実現を求めた。