取調べ可視化 最前線

最高検さん,まず隗より始めよ

asahi.com(朝日新聞社):前特捜副部長取り調べ、全面可視化せず 最高検が方針 – 社会.

時事ドットコム:取り調べ可視化申し入れ=前特捜副部長の弁護人、最高検に.

特捜前副部長取り調べ「可視化する必要ない」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 大阪地検特捜部の証拠隠滅・犯人隠避事件で逮捕された前副部長の佐賀氏の弁護人秋田真志弁護士が,取り調べの全過程を録画するよう最高検に申し入れをしたが,最高検は可視化の必要なしとして応じない方針とのこと。

 佐賀氏は事件を否認しているが,本件は,検察庁内部の密室でおきた事件なので,自白が決定的な証拠になる可能性が高いと思われます。したがって,自白獲得のための無理な取り調べが行われる可能性が高いと思われます。

 今回の報道を見ていると,取り調べは検察も警察と変わらないことがハッキリしています。確か,数年前に,暴言を吐き机を蹴るなどした検察官が辞めた(辞めさせられた?)事件がありました。今回の大阪府警の警察官の暴言と変わらない取り調べが検察でも行われていないという証拠はどこにもありません。

 しかも,今回の大阪地検の事件は,特捜部の検事が行ったことであり,世間の関心を集めています。折しも,尖閣諸島の船長を処分保留で釈放したということもあり,検察の捜査のあり方という観点からも注目されていると思います。

 最高検に仲間を助けるという意識はないと思いますが,だからこそ,きびし~い取り調べをする可能性は高いように思います。

 検察の取り調べにおかしげなことがないなら,この件で自ら証明してはどうでしょうか,最高検さん。

 まず隗より始めよ

ですよ。

 やっぱ可視化しかないな