取調べ可視化 最前線

「「日弁連はアンチ警察」…取り調べ警察官の違法性認定」:イザ!

強盗致傷などの罪に問われた無職、前島浩之被告(28)の裁判員裁判の判決公判が1日、大阪地裁であった。西田真基裁判長は「取り調べ警察官が違法、不当な言動に及んだ疑いがある」と述べ、弁護側の主張通り窃盗罪と傷害罪を適用、懲役4年6月(求刑懲役8年)を言い渡した。

引用元: 「「日弁連はアンチ警察」…取り調べ警察官の違法性認定」:イザ!.