取調べ可視化 最前線

「罪状認否」?ですか

北区女性強殺 弁護側が無罪主張 初公判罪状認否 元民生委員、答えず 読売新聞

 「罪状認否」という文言は刑事訴訟法にはありません。
 刑事訴訟法291条2項は、

 裁判長は、起訴状の朗読が終つた後、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨その他裁判所の規則で定める被告人の権利を保護するため必要な事項を告げた上、被告人及び弁護人に対し、被告事件について陳述する機会を与えなければならない。

と定めています。
 しかも、この意見陳述は黙秘権告知の上で行われるのです。それ故、陳述の義務はありません。黙秘してもいいのです。従って、公訴事実に対し、認める、否認する、黙る、の選択肢が基本です。

—————–

刑事訴訟法
刑事訴訟法

posted with amazlet on 06.01.31
田口 守一
弘文堂 (2005/04)
売り上げランキング: 15,647
おすすめ度の平均: 4

4 受験生レベルはこれで十分か