取調べ可視化 最前線

刑法学者103人が意見書 取り調べ全過程の可視化を – 西日本新聞

日本刑法学会元理事長の村井敏邦大阪学院大法科大学院教授らが名を連ねた意見書が,17日までに、法制審議会の刑事司法制度特別部会に提出された旨の報道。
取り調べ全過程の録音・録画(可視化)や証拠の全面開示を求める趣旨。

引用元: 刑法学者103人が意見書 取り調べ全過程の可視化を – 西日本新聞.